三山のぼる一家丸ごと原画展 @ブックカフェ二十世紀

f:id:sep15evans:20190521184900j:plain

  東京は神田神保町ブックカフェ二十世紀で開催中の「三山のぼる一家まるごと原画展」に行ってきました。

 圧巻の原画の数々。確信に満ちた描線に打たれました。すごい。

f:id:sep15evans:20190521184852j:plain

f:id:sep15evans:20190521184857j:plain

 撮影OKということで、ちょっとカシャカシャと。

 

 カフェ利用で刷り出しを一部もらえるということで、『女フィスト』の2色カラー付きの刷り出しを頂きました。2色いいなあ。

f:id:sep15evans:20190521185143j:plain

 

 強い絵からエネルギーをもらいました!

 

 

三山のぼる一家丸ごと原画展

 

 今週18日(土)から!

 楽しみです。

京マチ子さん死去

mainichi.jp

 京マチ子映画祭を楽しんだばかりでしたが‥‥

 『浮草』のラストシーンのお酒を注ぐ表情や仕草が何とも言えず好きでした。

 ご冥福をお祈りします。

 

 

『浮草』エンディング (映画のラストです。未見の方はご注意を)


Yasujiro Ozu: Floating Weeds (1959) - Ending

韓国版ロッタレイン

f:id:sep15evans:20190416232429j:plain

 『ロッタレイン』の韓国版単行本をいただきました。

 基本、日本のものに準じた体裁ですが、サイズは日本のものより大きなA5サイズ。

 

f:id:sep15evans:20190416231216j:plain

 書き文字も元の字に近いタッチでハングルに書き直されています。

 

f:id:sep15evans:20190416231322j:plain

 値札まで! 細かい。

  

ロゴ

f:id:sep15evans:20190329160752j:plain

 『ロッタレイン』のタイトルロゴはフォントじゃなく手書きのロゴにしてほしかったので、打ち合わせの段階で例えばこんな感じという参考イメージとして挙げたのが『雨のアムステルダム』でした。

 そういう意見を踏まえてナルティスの新上さんがロゴをデザインして下さいました。

 

 あと、登場人物のコンビニのお姉ちゃんの蛍子という名前は『約束』の岸恵子演ずるヒロインの名前からです。

 

 だからなに? という話ではありますが‥‥‥

 

 ケイコの漢字を当てようとするけど当たらないショーケン

 

「蛍(ホタル)って書くの。蛍光灯の蛍」

「あれホタルって読むの。へえー」

 

『ワイルド7』2019展

www.kinokuniya.co.jp

 東京渋谷、西武の紀伊國屋書店で開催中の『ワイルド7』2019展を見に行ってきました。


 カラーイラストや1色扉ページの原画の迫力がすごかった。とにかく構図がめちゃめちゃカッコイイ!  配色もサイコ-です。

 トビラはタイトルロゴは勿論、中には煽りの惹句まで手書きで描いてあるのもあって痺れました。カッコイイ。

 

 写真撮ってもいいということでした。

f:id:sep15evans:20190401234702j:plain

 とにかく躍動感が半端ないっす。

f:id:sep15evans:20190401234551j:plain

 見惚れるスピード線。

f:id:sep15evans:20190401161644j:plain

 こじんまりとした空間ですが展示は熱い。

f:id:sep15evans:20190401161614j:plain

f:id:sep15evans:20190401163102j:plain

 フィギュアやジオラマは外からも見ることができます。

 

 この展示は3日(水)まで!

 あと二日!

 

ショーケン

f:id:sep15evans:20190329154406j:plain

 

 嗚呼。

 

 2008年の4月に、今はもうないシネマアートン下北沢ショーケン特集をやっていて、『約束』や『アフリカの光』を観ました。

 

 特に『約束』。

 「あんたの母性本能をくすぐってみたんだ」なんて言うショーケン

 全編、削いで削いで、でもまるで不用意のようなどうってことないようなセリフ。

 最後の駄々をこねる子供のようなショーケン

 『約束』はすごい映画です。